火の呼吸TOKYO  ─クンダリーニ・ヨーガ─ | 内観について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内観について

自分自身の生命の営み、例えば体温、血流、呼吸などに意識を向けることを内観とよびます。

ヨーガではこの生命自身の内なる営みに意識を向けることを重視します。
普段は全く意識しなくても、生命活動は間断なく続いているわけですが
(そうでないと死んでしまいますね)
そこに意(マナス)が向けられることにより、どのような変化をもたらすのか
その法則性を理解するのが内観ではないかと僕は考えています。

内観のポイントは“ありのままの生命活動を「見守る」こと”
意識をどこか特定の箇所に縛り付けたり、生命活動を操作しようという願望を持たず、
ゆったりと、おおらかに、自分自身の生命に慈しみの眼差しをむけて、ただ見守る。

そして、自分自身の生命活動をただ見守ることは
生命力を高次元に高め、
次へのステージアップに繋がる最も重要なステップなのです。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sugayoga.blog.fc2.com/tb.php/73-3d0ed178

Utility

カテゴリ

プロフィール

suga-yoga

Author:suga-yoga
日本ヨガ界の第一人者・小山一夫師(クンダリーニJP)に師事、クンダリーニ・ヨガをはじめ、ラージャ・ヨガ、ジニャーナ・ヨガ、禅、古神道などを探求中。2012年1月、小山一夫師より「火の呼吸」公認インストラクターを授かる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。