火の呼吸TOKYO  ─クンダリーニ・ヨーガ─ | シャバアサナと睡眠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャバアサナと睡眠

ヨーガで仰向けになってリラックスすることをシャバアサナ(シャバーサナなど流派によって呼び方が若干変わります)といいます。

エクササイズを続けた後、一番最後にシャバアサナをまとめて行う所が多いと思いますが、火の呼吸メソッドでは基本ひとつのエクササイズあるいはメディテーションを行った直後に、それを行ったと同じ時間だけシャバアサナの時間を設けます。
一つひとつのエクササイズはそれぞれ違った目的があるので、その効果を最大限に発揮するためにそれぞれのエクササイズとリラックスをセットにして行うというわけです。

さて、このシャバアサナの時にそのまま眠ってしまう方がいらっしゃいます。
以前はクラスを進めるために、申し訳ないと思いつつも起こしていましたが、最近はそのままそっとしています。

時間にして数分ですが、シャバアサナ時の眠りから目覚めたときはなんとも言えない爽快感がありますし、その眠りは今その方にとって必要なんだ、と考えるようになったからです。

“眠り”と表現しましたが、この状態を睡眠といってしまうには少し違和感があります。眼球が動いていないことからも、いわゆるレム睡眠※とも少し違うような気がします。
状態としては「意識は判然としながらも、思考が働いていないような」一種独特な感覚という感想が多く、私の経験から行ってもそう感じます。

技術的にはシャバアサナは、エクササイズの情報を脳にフィードバックし、フィックスするためのアーサナと考えられています。

これはあくまでも私の想像ですが、このとき眠ってしまうような状態になってしまうのは、それぞれのエクササイズの設計に従い脳の特定のエリアが活性化、それをさらに優位にするために、脳の他のエリア、特に思考に関係するエリアのスイッチがオフにして余計なエネルギーを使わないようにしている、あるいは、今まで使っていなかった脳のエリアが開発されたため、脳に一時的に負荷がかかった為では、と予想しています。

私の想像は別にして、その“眠り”はその時の身体の要求にしたがって生じたものですので、無理に起こさないようにしています。

※脳は半覚醒しているが、身体はぐったりと脱力している浅い睡眠状態。眼球が素早く動いているのが特徴。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sugayoga.blog.fc2.com/tb.php/132-a83cff9d

Utility

カテゴリ

プロフィール

suga-yoga

Author:suga-yoga
日本ヨガ界の第一人者・小山一夫師(クンダリーニJP)に師事、クンダリーニ・ヨガをはじめ、ラージャ・ヨガ、ジニャーナ・ヨガ、禅、古神道などを探求中。2012年1月、小山一夫師より「火の呼吸」公認インストラクターを授かる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。