火の呼吸TOKYO  ─クンダリーニ・ヨーガ─ | 2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセルとブレーキ — エネルギーコントロールについて

よく誤解されがちですが、エネルギーというのは高めていけばいいというものではありません。
ただ単にエネルギーを高めることだけに着眼点をおいて稽古をすると、そのエネルギーが勝手に暴走しだしてしまい、自らの心身を破壊してしまうという危険に陥ることにつながりかねません。
エネルギーを高めていくと同時に、それを“制御”する術を学ばねばなりません。

先生はよくアクセルとブレーキの比喩に例えていました。
優秀なスポーツカーとは、エンジンの馬力と同時に、そのパワーをコントロール出来るだけの優れたブレーキを装備していなくてはならない、と。
優れたエンジンパワーを備えたスポーツカーでも、ひたすらアクセルだけ踏み続ければいつかは壁に激突してしまうでしょう。力強いパワーには、それに拮抗するに見合うだけの抑制力が必要なのです

またエネルギーをコントロールする主体はあくまでも自分であり、その流れに完全に身を委ねてしまう※と偏差というエネルギーのバランスが崩れた状態になってしまいます。

火の呼吸メソッドでは、特殊な呼吸法でエネルギーを高め、なおかつそれを自分の意志で動かし、コントロールする技術を最初に学びます。

稽古において“安全性”は何よりも重視されるべきです。
あらゆるメソッドについて言えることですが、指導者は受講生が危険な状態に陥らないよう、常にそのコンディションを注意深く見守っていかなければなりません。

※サッド・グルやマスターの前で稽古するときを除きます。
スポンサーサイト

なが〜い火の呼吸

先日、大先輩のお話を伺う機会があり、先生の初期のクラスの様子を教えていただきましたが、
そこでは、なんと火の呼吸を最大1時間やっていたそうです。
その頃のクラスはオリンピックレベルの選手を含むトップアスリートが中心なこともあったのでしょうが、
火の呼吸1時間というのが最初のハードルだったそうです。

しかも、「優しく軽やかな」火の呼吸ではなく、力強い火の呼吸を一分間に180〜200回のペースで続けるのです。
比較的最近の先生の著書をみると5分間できれば合格ライン、それ以上長いのは無駄と記してありますが・・

試しに20分ほどやってみましたが、面白いことに5分目くらいを過ぎると身体の深奥にある緊張があらわに出てきて、10分ぐらいを過ぎるとそれが徐々に“溶け出していく”感覚を味わいました。
まさに、奥底に凝り固まった緊張が解凍していくような体感です。
呼吸のもつパフォーマンスの凄まじさを改めて思い知らされて、最近は時間をみつけては10〜20分くらいの火の呼吸のトレーニングをしています。
もちろん、単純に火の呼吸をするだけではなく、そこに内観がともなわないと効果は半減してしまうでしょう。

先輩は1時間の火の呼吸は1回だけできればいい、とおっしゃっていましたので、
自主トレの時間で挑戦してみたいと考えています。

文京クラスーラストはスペシャル・クラス

最期の文京クラスはスペシャル・クラスとして
瞑想のサポートととなるプラーナ(五気)のコントロールのバージョンアップを図ります。
最初で最期のご紹介になると思います(たぶん、、

※申し訳ありませんが今回は未経験者は募集の対象外とさせていただきます。

「ラスト・スペシャルクラス」
クンダリーニ・ヨーガ 文京クラス(文京区千駄木)

日 時: 第二回/2014年12月3日 水) 20:00〜22:00
定 員:10名
会 場:つむぐカフェおとなりコモンスペース 文京区千駄木2-8-3
参加費:お一人さま ¥3,000
<ご予約・お問い合わせはココをクリック>

bunkyou.jpg

11月、12月の上北沢クラスの予定

11月、12月のクラスも引き続き
“火の呼吸クラス”の後に“メディティーションクラス”を行います。
じっくりとメディテーションに取り組んでいただけるよう時間配分いたしました。
※両クラスを受講すると、割引が適用されるようにしました。ご利用ください。

日 時:2014年11月15日(土)、12月6日(土)

<火の呼吸クラス>PM6:20〜PM 8:20
呼吸法、エクササイズが中心となるクラスです。

<メディテーションクラス>PM 8:30〜9:30
クリヤ、ヒーリング、プラーナ・ヤーマが中心となるクラスです。

場 所:上北沢区民センター 和室 (世田谷区上北沢3丁目8番9号)
定 員:各クラス10名(要予約)
料 金:
 ・火の呼吸クラスのみ>2,000円/1名
 ・メディテーションクラスのみ>1,000円/1名
 ・両クラスとも受講>2,500円/1名

ご予約・お問い合わせ:
申し込みフォームまたは メールからどうぞ。

当日の持ち物:
 ・動きやすいトレーニングウェア類、タオル
 ・筆記用具
 ・飲料水
 ・ヨガマット類
※これから寒くなっていきますので、リラックス時に体を冷やさないよう、
上に羽織るものやショールをお持ちいただくことをお勧めします。

Pagination

Utility

カテゴリ

プロフィール

suga-yoga

Author:suga-yoga
日本ヨガ界の第一人者・小山一夫師(クンダリーニJP)に師事、クンダリーニ・ヨガをはじめ、ラージャ・ヨガ、ジニャーナ・ヨガ、禅、古神道などを探求中。2012年1月、小山一夫師より「火の呼吸」公認インストラクターを授かる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。