火の呼吸TOKYO  ─クンダリーニ・ヨーガ─ | 2013年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガをするための条件「向上心」

僕のクラスに来られる方でよく耳にするのが

「私は体が硬いから・・」

というネガティブな言葉です。
ハタヨガの影響か、ヨガというとグニャグニャ曲げなくてはいけない印象が根付いてしまったのでしょう。
実際にクンダリーニ・ヨーガを体験された方からは、

「今まで持っていたヨガのイメージから随分変わった」

とよく耳にします。

クンダリーニ・ヨーガでは、アクロバティックにグニャグニャ曲げるエクササイズはありません。
それは、長い年月の間に「必要ない」と淘汰されたからでしょう。

身体が柔軟かどうかなど、実はどうでもいいことなのです。

師がよく口にする言葉に
「僕は向上心の無い人は相手にしないのです」
というのがあります。


今の自分を何とかしたい。
自分の可能性を探求したい。

「向上心」

これだけがヨーガを始めるのに必要な条件ではないでしょうか。


スポンサーサイト

「男塾-内臓を強くするヨーガ」朝日カルチャーセンター立川校

朝日カルチャーセンター立川校で
クンダリーニ・ヨーガの公開講座を担当することになりました!
男性限定です。

日時:3月16日  土曜 15:00-16:30

お申し込みは朝日カルチャー立川校ホームページからお願いします。
「男塾-内臓を強くするヨーガ」
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=189868&userflg=0

以下、朝日カルチャーホームページより転用↓↓↓

男塾 ~からだを張って生きる、すべての男性に贈るセルフケア~

仕事や生活でストレスフルな環境を過ごす場面が多い現在、呼吸力が弱まってくるとカラダのコンデションが全般的に下がり、気力も削がれ、肉体的・心理的双方のストレスに対して抵抗力が落ちていきます。クンダリーニ・ヨーガの「火の呼吸」は短時間で全身の血流を促し、体温を上げ、血液を浄化、そして自律神経を安定させることにより、素早く心身のストレスを開放します。
さらにエクササイズとヒーリングメディテーションを組み合わせることによりインナーマッスルをバランスよく鍛え、神経系を強化しホルモンバランスを調整します。クンダリーニ・ヨーガを生活に取り入れることにより、精力・体力・免疫力とストレスに対する耐性が飛躍的に向上し、心身を総合的に壮健な状態へと導いていきます。  

Pagination

Utility

カテゴリ

プロフィール

suga-yoga

Author:suga-yoga
日本ヨガ界の第一人者・小山一夫師(クンダリーニJP)に師事、クンダリーニ・ヨガをはじめ、ラージャ・ヨガ、ジニャーナ・ヨガ、禅、古神道などを探求中。2012年1月、小山一夫師より「火の呼吸」公認インストラクターを授かる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。