火の呼吸TOKYO  ─クンダリーニ・ヨーガ─ | 2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いのちの森」に行ってきました。

先日、明治神宮で開催された「アースディ いのちの森」に参加してきました。
朝6:30(!)に集合して東京農大の上原教授の解説を伺いながら
早朝の爽やかな明治神宮の森を歩いてきました。

この森は実は人工林で(知っていました?)
植林が開始されてから97年ほどたち、元々は荒地だった地に植林し、
150年後の森の姿を予想して当時の人達は造園を計画したそうです。
150年といえば4〜5世代ですが、昔の人々はそんな先のことまで考えて
貴重な森を私たちに残してくれたんですね。

終戦後、GHQが明治神宮の森を公園にするように要求したそうですが、
当時の宮司さんが「この森は神が宿る特別な森」と説得して、守られたということです。
確かに明治神宮の「杜」に入ると、人が侵してはならない神聖さというか、
自然に頭が下がってしまうような一種独特な雰囲気がありますよね。

もともと森というのはひとつの結界であり、
人間にとって「畏(おそ)れ」るべき、不可侵な異界なのかもしれません。

この森を残してくれた先人の叡智と、現在も植林活動しているボランテイアの方たちに敬意を、
杜にまします神に畏敬の念を覚えます。

<アースディいのちの森>
http://www.inochinomori.net/
スポンサーサイト

Pagination

Utility

カテゴリ

プロフィール

suga-yoga

Author:suga-yoga
日本ヨガ界の第一人者・小山一夫師(クンダリーニJP)に師事、クンダリーニ・ヨガをはじめ、ラージャ・ヨガ、ジニャーナ・ヨガ、禅、古神道などを探求中。2012年1月、小山一夫師より「火の呼吸」公認インストラクターを授かる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。